手の甲のシワから考えてみる

手の甲のシワに関して

手の甲のシワは想像以上に老いた印象を他人に与えてしまうものです。
顔全体のスキンケアをばっちりしているように思える人でも、手元を見た瞬間にイメージががらりと変わるということは珍しくありません。

 

手の甲は水洗いなどをすることもあって身体の他の部位と比べて乾燥しやすく、シワができやすい場所と言えます。
ハンドクリームやハンドジェルによってケアすることはできますが、完全に手の甲のシワを防ぐことはできません。
手の肌の水分を保持する能力が低いと、いくら外側からケアしたとしてもシワができることを止められないからです。

 

そのため、手の甲のシワを予防するためには体の内側からアプローチすることも大切です。
例えば、生薬などの働きで血行不良を改善することは、シワ予防に効果的と言えます。
血流がきちんとしていえば必要な栄養素が肌へ行き渡るようになり、新陳代謝のペースが狂うということがなくなります。
そうすれば肌のバリア機能が損なわれることもなくなり、乾燥しにくい手を目指すことができるでしょう。

年齢を感じる

手の甲のシワから年齢を感じる場合もあると思います。

 

手の甲がシワだらけだと、結構お年を取ってみられるのがやっぱりいやなんですよね。
実年齢よりも上に見られてしまうんです。

 

 

シワシワの手はできるだけ見られたくないですよね。
なんとか手袋で誤魔化すというのもなんか変ですし。

 

これは日頃のケアでなんとかなるものなのでしょうか?

 

首のシワも気になるのですが、手の老化が一番早いとされています。
同時にやっていければいいのですが、手のケアからやっていくほうがいいのかもしれませんね。

 

毎日使っている手ですが、時折シワの確認とケアをしてあげましょう。

 

 

そもそも手の甲のシワが増えてしまう原因はなんでしょう?
食器洗いなどで手が荒れることがあると思うのですが、手の甲までは影響ないかと思います。

 

原因として第一に考えられるのは、紫外線です。
紫外線にさらされることって結構多くないですか?
手にしわができる原因はいろいろとあるのですが、紫外線からの影響が一番多いのです。
これによってハリをつくるとされているものを壊したり奪ったりするのです。

 

手の甲のコラーゲンやエラスチンですね。

 

手の甲に限らず、お肌全般にいわれることですが、25歳をすぎるとコラーゲンの減少が始まります。
そうなるとよけいに天候のシワができるようになってきます。

 

効果のない美容液は?

 
 

 
  • SEOブログパーツ