手の甲のシワから考えてみる

夏の紫外線が冬のシミを生んでいる?

冬になって顔にどんどんシミが増え始めた、そんな風に感じている人はいないでしょうか?
冬は湿度が下がり、肌が乾燥しやすいという事情がありますが、それ以外にもシミを生み出す原因となることがあります。
それは、太陽のまぶしい夏に浴びた紫外線の影響です。

 

紫外線を浴びると日焼けして肌の色が変わることは誰でも知っていると思います。
なぜ、肌の色が変わるかと言えば、紫外線への防御としてメラニン色素が肌に生成されるからです。
このメラニン色素が生成された量が多いと肌の内部に留まり、冬になってシミの原因となることがあります。

 

夏の間に紫外線対策をしておくことが大切なのですが、シミが増え始めてから紫外線対策をしようとしてももう遅いです。
そのため、冬の時点でシミに対応するには、新陳代謝を活発にしてメラニン色素を体の外へ出さなければなりません。

 

新陳代謝を活発にする方法は色々ありますが、生薬などの力を借りるのが一番お手頃です。
血行改善などの効果を持つ成分をしっかり摂取すれば、身体が持つ本来の力を呼び起こし、皮膚の入れ替わりのスピードを早くすることができます。

 

37歳主婦が綺麗な肌になりたい願望を叶えるためにすることとは?

 

 

関連ページ

すぐに小じわ対策ができるようになる
42歳が手の甲のシワや乾燥と体の関係やその対策をいろいろと
急に増えた小じわを解消する方法
42歳が手の甲のシワや乾燥と体の関係やその対策をいろいろと
乾燥肌を改善すれば目尻のしわは防げる
42歳が手の甲のシワや乾燥と体の関係やその対策をいろいろと
肌の疲れにいいものとは?
42歳が手の甲のシワや乾燥と体の関係やその対策をいろいろと

 
  • SEOブログパーツ